沿革

数々の雑誌の歴史と共に歩んできた三晃の歴史

1928年  4月

山元正宜  小石川区戸崎町で個人創業

1946年  6月

三晃印刷株式会社を設立

山元正宜代表取締役に就任

1953年  4月

新宿区水道町29に活版輪転工場を設立し高速輪転印刷に着手

1956年12月

新宿区水道町29に1,508㎡の鉄筋3階建を建築完成

1958年12月

新宿区水道町29に鉄筋地下1階、地上3階建1,044㎡の建物を完成

(石切橋工場)

1960年10月

石切橋工場に鉄筋コンクリート建て、地下1階、地上4階計1,568㎡の

工場完成

1962年12月

新宿区水道町29に地下1階、地上4階建2,207㎡の別館社屋完成

1967年  7月

千葉県船橋市習志野にオフセット印刷工場を建設

習志野工場

1969年10月

BORオフセット2色輪転機を導入し、本格的にオフセット輪転印刷に着手

1970年  1月

習志野工場にAORオフセット輪転機を増設

1971年  5月

習志野工場にBORオフセット2色輪転印刷機を増設

1972年  8月

A全判2色オフセット輪転機(ATF)を増設

1974年  7月

資本金1億円に増資

1979年  2月

山元正宜取締役会長就任

山元悟代表取締役社長に就任

1982年11月

新宿区水道町に地下1階、地上8階建、計2,218㎡の新社屋ビル完成

本社ビル完成

1983年  8月

A倍判2色オフセット輪転機を増設

1986年  1月

FACOMK280を導入。OAシステム開発を開始

1986年10月

電算写植諸設備一式を導入、電算写植課を新設

1990年  7月

習志野工場敷地内に新工場(3,240㎡)を増築

搬送用ロボットシステムを導入、BT半裁4色オフセット輪転機を増設

高速オフセット輪転機(FBR)

1991年  2月

電子編算システム/スミエディアン3台を新設

1993年  9月

マッキントッシュQuadra800を2台、

周辺機器としてスキャナ(Arcus Plus)、

プリンタ(MICROLINE 801PS)を新設

1994年  5月

NBIS/24インチ/18型(マルチニ)-21駒無線綴製本機設備一式新設

製本工場

1998年  2月

習志野工場に四六全判6色オフセット印刷機設置

1998年  4月

BYT-1000高速書籍輪転機設置、APR-ALX製版装置一式設置

四六全判6色機

1999年  6月

パワーマッキントッシュ5台等周辺機器増設

画像処理の効率化を図るため得意先との交流を促進し技術開発に着手

1999年  7月

習志野工場にAT全判4色オフセット輪転機設置

2000年  6月

新館2階にプレートセッター(DT-R8000)設置

プレートセッター(CTP)

2001年  4月

漫画システム設置、編集機/AVANAS Multi Studio V2.2 3台設置

2002年  1月

習志野工場にBY全判キーレスオフセット印刷機移設

2002年  5月

パワーマッキントッシュG4-933 6台増設 10台更新

2003年  8月

習志野工場にBY全判1色オフセット輪転機設置

2005年  9月

習志野工場にAT倍判1色オフセット輪転機設置

2007年  2月

習志野工場にCTP設備(A倍出力可)

2007年  4月

習志野工場にBT半裁5色オフセット輪転機設置

2009年12月

習志野工場に菊全判平台6色機設置

2012年  4月

日本印刷個人情報保護体制認定制度(JPPS)を取得

2012年10月

習志野工場に四六全判1色両面機設置

2013年  1月

子会社「植木製本所」が稼働

2014年  1月

ネット戦略開発室発足

2015年  4月

山元悟取締役会長就任

金子達夫代表取締役社長に就任

2015年  12月

習志野工場に四六全判7色機設置

印刷、お見積りのご依頼は以下の電話番号、またはフォームからお気軽にお問い合わせください。
電話
03-6864-5300(代表)/[受付]平日9:30〜17:00
メール
お問い合わせはこちら

TOPへ戻る