製本部門

Bookbindery 製本部門

製本部門Bookbindery

読者ひとり一人の手に渡る形を美しく確実に作り上げる技術

製本風景
読者ひとり一人の手に渡る形を美しく確実に作り上げる技術

印刷後、紙の束は製本部門によって本の形に生成されます。そこで紙は折られ、並べられ、まとめられて表紙に綴じられます。さらに、その上にカバーや帯をかぶせて、ようやく一冊の本が出来上がります。この印刷の最終段階である製本ではエンドユーザーのお手元に届く製品を確実な製品に仕上げる為に、機械の正確さと共に、人の目を通した製品チェックで、より確実で美しいプロダクトを作っております。

製本工場設備

製本機

無線丁合機(24駒CCDカメラ乱丁防止装置)

1.丁合機 折の順番通りに並べる 2.背にのりを付け、本文と表紙をのり付けする 3.断裁機 本の耳を断裁してきれいにする 4.投げ込み機 カバー・帯を巻き付ける機械。他、2点の投込みが可能(スリップ、しおり等)
お問い合わせ、お見積りはコチラから Tel.03-6864-5300(代表)[受付]平日9:30〜17:00 お問い合わせフォーム
TOPへ戻るTOPへ戻る
印刷、お見積りのご依頼は以下の電話番号、またはフォームからお気軽にお問い合わせください。
電話 03-6864-5300(代表)[受付]平日9:30~17:00
メール お問い合わせフォーム