事業紹介

Desktop publishing DTP部門
DTP部門/制作/風景 DTP部門/出力/風景 DTP部門/組版/風景
お客様の“イメージ”に答える技術

印刷の前行程であるDTP部門には、印刷の仕上がりを見据えた作業が求められます。例えば、紙の種類によってインクの発色の良い紙、沈む紙があります。その紙に刷られた時にイメージ通りの色が出るように調整するスキャナーの色調整作業や、本の厚さや文字数によって読み疲れしなく、目が文字を追いやすく設計された組版。さらに製本の後加工に合わせた製版の仕方など。常にお客様のイメージに近づく為の手法を日々模索しています。

私たちは印刷物をプロダクトだと考えています。出来上がったものには質感があり、佇まいがあります。プリンティングディレクターである営業やデザイン制作の担当が、お客様から頂いたイメージを社内で共有させ、その印刷に合った作業手順を各前行程セクションと確認しながら作業をしています。

スキャナ

最終出力物のイメージに合わせた色再現や、紙原稿やフィルム原稿のスキャンをしています。

組  版

基本的な組版ルールに従い、文字を読みやすいように調整し組版をしています。

デザイン

書籍装丁、雑誌紙面レイアウトデザインや、チラシのデザイン、POPの作成等を手がけています。

製  版

デザイナーから受け取ったデータを検証し、赤字修正作業や確認を行い、印刷機にかけられるデータを作ります。

CTP

印刷機のハンコの部分にあたる“版”を作っています。デジタルから直接販を出力する為、昔ながらの刷版よりも遥かに細かい表現の再現が可能です。

印刷、お見積りのご依頼は以下の電話番号、またはフォームからお気軽にお問い合わせください。
電話
03-6864-5300(代表)/[受付]平日9:30〜17:00
メール
お問い合わせはこちら

TOPへ戻る